2011年12月5日月曜日

月一パティシエ



毎月第二水曜日に八広にあるcafePOKAPOKAさんで
手芸のワークショップをしているわけですが

そのワークショップに参加してくださったお礼に
毎回手作りのクッキーを差し上げているんです。

で、次回のワークショップは今年最後という事と
クリスマス間近という事で
けっこう気合が入っております☆

今回のお土産はクッキーではなく
ドイツの伝統的なシュトーレンに挑戦しちゃいました^^

photo:03
まず左に見えるのはドライフルーツ。
3日間ラム酒に漬けてありますよ〜


photo:02
一次発酵、二次発酵となんだかんだ時間がかかります。


photo:04
いよいよオーブンへ
美味しく焼けるかな~♪



photo:05
見事こんがりと焼きあがり
しっかりとラム酒と溶かしバターを塗って
(これによって長期保存がきくようになるそうです。)
粉砂糖をふったらまるで雪景色のような
この季節にぴったりのお菓子が完成いたしました☆

このシュトーレンは出来上がった直後よりも
日に日に味が熟成されて美味しくなる
不思議なお菓子(パン)です。

少しづつスライスして味の変化を楽しみながら
クリスマスを待つんだそうですよ^^

次回はそのワークショップの詳細について
ご案内したいと思います。